--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18
2010

東大生は資格をとらない ~弁護士の年収が高い理由~

CATEGORY資格雑談
東大生は資格をとりません。


とまぁ断定しちゃうのもどうかなとは思いますが、基本的にはほんとそうです。

僕も東大には院含め6年通ってましたが、まわりの友達で「社労士とりたい」とか「税理士なりたい」とか言ってる人なんてのは皆無でした。
強いて言うなら「弁護士(司法試験)」「公認会計士」「国家公務員I種」くらいかな。
国Iは資格なのかっていうのはまあひとまずおいとくとしてだ。

なんつーかあれですかね、東大生ってのは基本的に資格なんぞに頼らなくても生きていけるという、なんかそういう自負があるからなんすかね。

まあ実際、資格ありきで人生設計しちゃったりするとやっぱ視野が狭くなりがちだし、生きる姿勢というか気概としてはそれでいいんじゃないかという気がします。

(あっちなみに僕は資格マニアですが、決して資格礼賛主義者ではないので、そのへんはあしからずご了承ください)

あとよく考えてみると、東大卒の資格マニアの人ってのもあんまり見かけないような。
メジャーどころだと中村一樹さんくらいすかね…?


で弁護士・会計士・国Iの話に戻りますけど、なぜ東大生はこれらの資格なら狙おうとするのか。


思うに、その理由は、これらの資格が「日本で最も難しい資格だから」、というか正確には「日本で最も難しい資格だと世間一般に認知されているから」、これに尽きると思います。


法律系資格の最高峰、司法試験。

経済・会計系の最難関資格、公認会計士。

国Iは…まあなんかちょっと違うかもしれんがね。


弁護士や会計士の資格がほしいというよりも、「日本で一番難しい資格試験に受かった、頭のいい人だ」という世間からの評価がほしいということなんじゃないかなあと思うわけですよ。
日本一難しい大学に入ったんだから次は…って感じでね。

よく合格者へのインタビューとかで、その資格をとろうと思った理由は?とか聞かれて


「法律にかかわる仕事がしたかったから…」

「困っている人を法律知識を使って助けてあげたくて…」

「会計の仕事に興味を持って…」

「監査の仕事ってとてもおもしろそうだなあと思ったから…」


みたいなことよく言われてますけど、


………ちがうねッ!


というか、それ建前じゃね?

たぶんねえ、もし弁護士や会計士がそんなに儲かる仕事じゃなくて、世間からの評価も別に高かったりしない資格だったら、「仕事がおもしろそうで」とか言ってる人たちもきっと別の資格や仕事に走ると思うな!


「収入がいいから」


ってので開き直って目指す人ってのはねえ、まあそれはそれでいいと思いますが、別に弁護士や会計士だから儲かるっていう話でもないと思うんだ。

弁護士の法律業務や会計士の監査業務それ自体が儲かる仕事だというよりも、難関試験に受かるほどの優秀な人(お金を稼げるポテンシャルの高い人)が弁護士や会計士になるせいで、結果的に弁護士や会計士の年収が高くなってるってことだと思うんですよね。つまり


弁護士・会計士

高収入


なのではなくて、


弁護士や会計士試験に受かるのは頭のいい人

頭のいい人(要領のいい人)はお金を稼ぐことに関しても要領がいい

賢く稼げる

結果として高収入になる


という図式が成り立っているのだと思う。

で、高収入なので頭のいい人がどんどん参入してくるというか、頭のいい人が狙う資格といえば弁護士や会計士、ということになって、好循環のサイクルみたいなことになっているのだと思う。たぶんね。


ここでひとつ思考実験をしてみましょう。


もしも、

社労士が法律系資格で最も難しい試験だったら?

税理士が経済・会計系で最も難しい試験だったら?



そしたらきっと、


「弁護士になって弱い人を助けたくて…」とか言ってた人が社労士に流れ、「監査業務がおもしろそうで…」とか言ってた人が税理士に流れる

優秀な人が社労士や税理士になる

優秀な人はお金を稼ぐ要領も良いので賢く稼げる

結果的に社労士や税理士が「最も高収入の士業」になる


ということになると思う。

要するに、弁護士や会計士のやってる仕事自体が社労士や税理士の仕事より付加価値が高いわけではなく、そもそも弁護士や会計士の人たちの人的ポテンシャルが社労士や税理士の人たちのそれより高いために高収入になってるっていうわけだ。たぶんね。

まあでも実際のところは業務範囲的に明らかに弁護士は社労士の上位互換だし、会計士は問答無用で税理士にもなれるので、もし社労士や税理士が最難関になってもそううまくことは運ばないかもしれませんが、業務範囲や法律上の地位(?)的に対等クラスの資格がもしうまいことあって、もしそういうことになっちゃたら、もしかしたらそういうことになっちゃうかもしれませんね。


あーちなみにこの記事は別に、社労士や税理士はしょぼい資格だとか、東大にも入れない人はもしまぐれで弁護士になれても稼げはしませんよとか、そういうわけなんで社労士や税理士はもっと試験難しくしてくださいとか、そういうことを言わんとしてるわけではありませんのであしからず。でもなんか普通にそう読めるな(笑)


ということでまあ適当にまとめるとすると、


資格それ自体に価値があるのではなく、
あんたが資格をどう活かすか、
資格を使ってどう稼ぐかが大事なんだよ。



とかね。

まあそんな感じです。
スポンサーサイト

6 Comments

「ひ」  

教員の影響も....

う~む、東大の教員の影響もあるんじゃないでしょうか。
「資格なんてとっても仕方ないという雰囲気。」
自分は東大の薬学部で教員をつとめてましたが、薬学部はそれが一番顕著でしたね~。
薬剤師資格の取得についてきちんと考えている教員はマイノリティーで、薬剤師なんてとっても仕方ないという進路指導がまかり通ってました。
その結果、今は薬学部定員80名中薬剤師の受験資格がとれるの(6年制)はたった8名ですよ。それすら初年度は定員割れ (志望者7名) という。。。。

2010/02/25 (Thu) 17:23 | EDIT | REPLY |   

鈴木秀明  

コメントありがとうございます

東大薬学部で教員されてたかたからコメントいただけるなんて。光栄です。
というか薬剤師はじめ医療系国家試験は基本的に僕に受験資格がないものばかりなので正直疎い分野ではあるんですが、今そういう状況なんですね。全然知りませんでした。

まあ個人的には別に資格なんて必要に応じて目指せばいいじゃんという考え方なんで、東大の実情が悪いとは全く思ってないというか、むしろそれでいいんじゃねと思うわけなんですが。
東大薬学部の人って薬剤師じゃなくて研究のほうにいっちゃうイメージが個人的にはすごくありますね。そしてそれはそれでいいと思います。

2010/02/28 (Sun) 21:49 | EDIT | REPLY |   

「ひ」  

東大生は薬剤師をとりません

ご回答ありがとうございます。
文系資格に関しては、鈴木さんのおっしゃるとおりと思います。
それから、ご想像のように、東大薬を出て薬剤師の免許を(法的な意味で)使う人はほとんどいません。おっしゃるように、ほとんど研究か行政です。
私は40台前半で、珍しく薬剤師実務経験もありますが、自分より上の卒業生で、調剤できる人(病院で薬剤師として当直できるレベルの人)は、日本で1ケタです(私が知る限り)。

ま、それでも昔は、全員、薬剤師養成課程は履修してましたし、免許も「必要になったらいつでも取れる」のでまだ良かったのです。

でも、6 年制になってからは、ほとんどの東大生は、「薬剤師を取らない」ではなく、薬剤師の養成課程を「履修しない」ことになったので、これは二つの点で問題だと考えています。

一つは、創薬研究や行政に従事するなら、医療現場を知らなくてもよいのか、ということです。言い換えれば「車の設計や交通行政にはたずさわるけど、道路交通の実情や、運転免許・自動車整備士としての知識を一通り学ぶことはしない」ってことですから。
(ま、医薬行政職は、何だかんだ資格セクショナリズムなので、東大薬出ても薬剤師免許がなければ「薬系」とはみなされないんですけどね~。)

二つ目は、研究に行っても、「大学で研究」する人は多いわけで、当然「薬学部の教員」ってもの重要なポストなんですが、今後、薬剤師の免許を持ってない人は最初から対象外、なんてコトも十分起こりえます。

薬剤師を「調剤」のためだけの資格と考えてしまうと(ほとんどの東大生はそう考えている)、後々大変なことになるんじゃないのかな~、と思うのでした。
この辺が医療系資格の捉え方の難しさですね。

2010/03/01 (Mon) 13:37 | EDIT | REPLY |   

鈴木秀明  

なるほど…

理系や医療系の資格構造については、私自身正直かなり不勉強なところも多く、非常に勉強になります。
このあたりもそろそろじわじわとリサーチかけていきたいところですね。
というか、文科系のメジャー資格とかなんかよりよっぽど根が深そうな…(汗)
今後ともどうぞよろしくお願いします。

2010/03/01 (Mon) 19:27 | EDIT | REPLY |   

-  

3年前の記事ですか。もう状況はかわりましたね。

弁護士、会計士は人数増やしすぎて資格価値が暴落。弁護士の平均年収は厚生労働省の調査で650万、会計士は630万まで大幅にダウン。就職難も深刻化。

東大京大レベルの一流企業を狙える学生で弁護士、会計士の試験を受ける人はどんどん減っています。
もはやボリューム層はマーチとか。

2013/03/19 (Tue) 13:08 | EDIT | REPLY |   

匿名  

同意同意見です。

とても深く読ませて頂きました。
昨年他界した母がいっていました。
一番重要な資格、それは大卒の資格だと。小さい資格をちまちまとるんじゃないといわれました。そんな民間資格よりよっぽど大卒の卒業証書が重要だと。私が資格マニアなことを危惧しての意見でした。
そんな私はマーチ中退です。もし私が大学を卒業していたら資格マニアにはならなかった。
その裏には後悔と穴を埋めたいという意識があるのです。
東大生が資格にこだわらないのは当然ですね。東大卒という厳然たる大いなる資格をつかめるのです。東大卒の方々が薬剤師にはなりません。マツモトキヨシの店頭に立つことはありません。小売業界にもいきません。病院の薬局にもいません。介護施設の理事長にもなりません。交番勤務になることもありません。営業マンにはなりません。デスクワークです。これも当然なのです。

2015/03/02 (Mon) 10:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。