--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01
2010

冬季オリンピックと資格

CATEGORY資格雑談
とうとうバンクーバーオリンピックも終わりましたな~。

まあ僕はテレビ観ない派なんで、新聞やネットで結果だけ一応チェックはしてたっていうくらいですが、皆様お疲れさまでした。


しかしあれですよね。

冬季オリンピックってほんといつも思うんですけど、競技種目増やすためだけに無理矢理作られたっぽい種目多いよね。
って思ってるのはきっと僕だけじゃないハズ!
(参考:Yahoo!スポーツ

いや別に決してオリンピックやスポーツを否定したりするつもりは毛頭ないんですけどね。
冬はやっぱ夏と比べていろいろ限られてくるんだろうなとは思うんですが、それにしてもなんだその種目っていうのが多い気がする。

日本が銀メダルとったスピードスケートの「女子団体追い抜き」だって、えっなに追い抜きっていうのが正式な名称なの?って感じだし、わざわざ3人で一斉に走るってのもなんかよくわかんないしね。

あとジャンプを団体戦にする意味ってなんかあるんだろうか。
リレーみたいなのならともかく、個別に飛ぶんだよね?

極めつけはリュージュとかスケルトンとかすごいというか頭おかしいよね。
あんなの普通に死ぬと思う。そんな競技無理して作んなくてもっていう気がすごくする。


で、まあ結局何が言いたいのかというと、資格業界もこれに近いところがあって、そんな資格ははたして本当に必要なのか?みたいな資格が、一定の層の既得権益とかを守るためだけに存在してたり、新たに作られたりしてるっていう状況にちょっと近いよね、と思ったりしたりしなかったりしたわけです。

まあ具体的にどの資格がどうだとかは書きませんけどね。

世の中そんなもんだよと言われればそれまでの話なのかもしれませんけどね。
スポンサーサイト

2 Comments

りん  

見世物としては、正しい(^_^;)

いつもは、シカクロード別館のほうで楽しませてもらってます。

後半の、資格と既得権益なんかの話が本筋だと思いますけど、前フリのほうに…。

冬のオリンピックで、最近増えた種目は…みんなテレビと親和性の高いものばっかりなんです。オリンピック憲章では、競技は個人(あるいはチーム)のものであって、国家は表に出るもんじゃなんと言うことになっていますけどね。テレビで楽しむ”一般大衆”は自国の勝ち負けがはっきりするほうがエキサイトするわけで・・・本来、個人種目であった競技にやたらと国別対抗の団体戦が増えたのはそのせいかと。(マラソンでも世界選手権では団体がありますので、冬の競技だけではアリマセンが) それから、テレビ的にわかりやすいルールに変更。距離競技なんかだと順次スタートする形が一般でしたけど、マススタート(一斉にスタートする)種目が出来ました。いきなり、前のルールのものを廃止すると文句が出るので、必然的に種目が増える方向に…(^_^;) フリースタイルスキーやスノーボードなんかは丸ごと”テレビ向き”ですし。

2010/03/21 (Sun) 15:50 | EDIT | REPLY |   

鈴木秀明  

なるほど。

わかりやすい解説ありがとうございます。
というか、前フリのほうに対してこんな詳細なツッコミいただけるとは思ってませんでした(笑)
別館ともども今後ともよろしくお願いします!

2010/03/21 (Sun) 20:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。