--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27
2016

お土産をもらえる試験(しかも…!?)

本日の受験は中野区検定

今回初めて受験しましたが、どうやらお好み焼き検定みたいに受検者特典というかお土産がもらえるタイプの試験らしく、各受験者の机の上になにやらお菓子的なものが置いてあります。
ふむふむ、それではありがたくいただいておきますか。

あと生茶のペットボトルまで置いてある。
主催者さんの説明(受験上の注意)によると、「中野区検定実施にあたりキリンビバレッジさんからご提供いただきました」とのことです。へぇ~。
というか「試験中は飲食禁止」みたいなことはまったく言われなかったので、飲みたいときに飲んでOKってことですかね?
飲み物つきの試験なんてなかなかないよなあ~。斬新!( ゚Д゚)


…で、試験。
正直言って、かなり難しい(汗)

今回が第3回試験なんですが、第2回試験と第1回試験はけっこう似たような問題が出ていたようなので、その2回分の問題をやっとけば十分かな~と思ってたんですが、今回はけっこう違うところからもかなり出てるぅ~(´Д`)

問32
中野区に本社がある会社が製造しているビールはどれですか。
ア アサヒビール
イ サッポロビール
ウ キリンビール
エ サントリービール
オ オリオンビール


いやぁ~こんなん知らんわ~(´Д`)
サントリーは赤坂だからたぶん違うけど…これは勘で答えるしかないか…(+_+)

ん?まてよ?

机に置いてあった生茶って、もしかしてこれじゃね!?( ゚Д゚)デデーン

そうだよ、よく考えたらなんでキリンが中野区検定に生茶を差し入れしてんのって話ですよ。
それはキリンの本社が中野区にあるからに他ならないッ!!!( ゚Д゚)
…たぶん。

生茶のパッケージの記載は「販売者:東京都千代田区神田和泉町一番地 キリンビバレッジ株式会社」となってるので一抹の不安は覚えるものの、きっとキリン本体は中野区にあるんでしょう。そうでないと生茶がここに置かれている必然性がないもんな…もうそれに賭けてウを選ぶしかない。
(あとで調べたら実際そうでした

問22
大正元年(1912年)設立、各地に工場を持ち、江東区に豊洲研究所、中野区新井に本社を置く会社の、「のど飴としても、料理の調味料としても使える世界的に有名な商品」は以下のどれですか。
ア かわり玉
イ カンロ飴
ウ 千歳飴
エ ベッコウ飴
オ ミスズ飴


これも知らんわ(´Д`)
つーか調味料として使える飴っていったい…!?

ん?まてよ?

このお土産のお菓子…飴じゃね!?( ゚Д゚)デデーン

今度はビンゴでした。
パッケージにばっちり「販売者:カンロ株式会社 東京都中野区新井2-10-11」って書いてありますよ。イだね!!!
ちなみにお菓子はピュレグミプチ三角レモンピュレグミプチ三角グレープってやつでしたよ!!!
飴じゃなくてグミか~い( ゚Д゚)まあいいけど…


…とまあそんな感じでした。

こういうのは「漢字テスト中、わからない漢字が教室の掲示板に貼ってあるプリントに書かれているのを発見」みたいなもんなんで、悪く言えば試験運営上のミスだともいえますけど、今回のはむしろそういう趣向なんだろうなと勝手に想像しております。
ご当地検定は「楽しみながら地元を学んでもらう」っていうのがそもそもの目的のひとつですし、冒頭の受験上の注意というか主催者挨拶でもそんなようなことをおっしゃってましたしね。
いいんじゃないでしょうか。


まあしかしこれで2問稼げたとはいえ、他の問題がマジで難しくて全然解けなかったので今回の試験はたぶん不合格ですね(´Д`)とほほ
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。